<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
めくって楽しい解剖学の本
人体絵本?めくってわかる からだのしくみ
人体絵本?めくってわかる からだのしくみ
ジュリアーノ フォルナーリ, 加藤 季子


表紙がかなり気味の悪い絵の絵本です(^_^;)
体の仕組みが理解しやすいように、
めくって学べるしかけ絵本になってます。
B4ぐらいの大きさの本で、
見開くと縦長に全身が描かれています。

1)からだのなかをみてみよう
2)骨格と脳と神経
3)筋肉のはたらき
4)血液と呼吸と生殖
5)消化器と泌尿器

という内容になってるんですが、
なかなか細かく、分かりやすいので、
生理解剖学を初めて勉強する時には
イメージをつかむのに良いと思います。

全部で60ヶ所もめくれる箇所があります。
めくることで臓器や骨の重なりや構造が分かるようにできています。

ただ、基本的に正面(前面)から見た図しかないこと、
絵本なので専門的に勉強するには不十分な点はあります。
でも、フルカラーで全身を描いているので、
ヘタな専門書よりもイメージはつかみやすいです。

しかし、いただけないのは、この表紙。
皮を剥がれて、筋肉が露出した状態の人体が描かれていて気味が悪い。
その上、眼がね・・・。
妙にすわっていて、目が合う気がするんですよ〜〜。
変にリアルっていうか・・・。
ハッキリ言って。
 
恐いです(><。)。。




ブログランキング登録中です!
クリックして、応援よろしくお願いします!
* 15:25 * comments(0) * - *
身体運動の機能解剖
身体運動の機能解剖
身体運動の機能解剖

アロマセラピストを目指す方にお薦めの本です。
IFAスクールで生理解剖学のレポートでも
すっごく役に立ちました。

この本がなかったら、
筋肉の図のレポートは終わらなかったです〜。
元々はキネシオロジーを学ぶ学生向けに作られた教科書みたいです。
洋書を翻訳したものです。

主な筋肉がひとつひとつ図解されていて、
各筋肉の形や起始と停止が分かるようになっています。
また、作用、機能や支配神経、
その筋肉を鍛えるトレーニング方法まで書かれています。

あと、全ての筋肉、骨、関節の名称にフリガナがあるのも、
初めて生理解剖学を学ぶ私にはとても助かりました。
骨格の仕組みや、関節の動きもいくつもの図を使って解説してあります。

内転?外転?回内?回外・・・?
関節の動きってすごく分かりにくいですよね〜。
筋肉起始停止や働きを覚えようにも、
たくさんあり過ぎて、混乱しちゃったり・・・。

でも!!
この本はと〜〜っても分かりやすくて、
しっかり、詳しいので、大丈夫!
IFAコースの授業でやる筋・骨格(関節)系は
この本一冊でも十分だと思います。

ちょ〜とお高いのが玉にキズだけど。
お値段に見合う内容はありますよ〜。




ブログランキング登録中です!
クリックして、応援よろしくお願いします!
* 12:31 * comments(0) * - *
| 1/1PAGES |