<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
入手困難なお勧め雑誌
『週間アロマテラピー&ナチュラルライフ』
ディアゴスティーニから発売されていた雑誌です。
毎週創刊される、あの雑誌です。

創刊号を買って、気に入ったので、
定期購読を申し込んでいました。

薄い雑誌ですが、フルカラーの雑誌で、
写真が多く使われていて、きれいな写真ばかりなので、
何となく眺めていても楽しいです。

アロマテラピー以外の情報も多いのが気に入りました。
カラーページが多い割に、読み応えもあるので、
薄くても情報量はかなり満足です。


しかし・・・。
これからアロマテラピーを始めようと思う人が買うには、
ちょっと、情報量が多すぎて。
どうなのかなぁって感じです。
アロマ以外の情報もかなり多いし・・・。
というか、アロマの占める割合は多めに考えても、半分ぐらいです。
(私にはそれが魅力だったのですが。)

アロマ以外にハーブやヨガ、ヘルシークッキングなども載っていて、
各種療法についての情報も多いので、
どちらかというと、広い範囲で「ナチュラルライフ」とか
「ホリスティックケア」に興味がある人にお薦めな本だと思います。
プロのセラピストを目指す方にもお勧めです。

ただ、雑誌の悲しさで、バックナンバーの在庫がある分しか
手に入れることができません。
場合によっては古本屋などで手に入るかもしれませんが、
探すのに気合いが必要かも。。。

こちらのディアゴスティーニのサイトに
1号から64号まで、全ての記事の索引があるので、
興味のある号だけを揃えるのも手かもしれません。。。
ディアゴスティーニ『週間アロマテラピー&ナチュラルライフ』




ブログランキング登録中です!
クリックして、応援よろしくお願いします!
* 17:06 * comments(0) * - *
精油を使いたくなる本
アロマテラピーを楽しむ生活?ココロとカラダを癒す180のレシピ
アロマテラピーを楽しむ生活?ココロとカラダを癒す180のレシピ

アロマバスや芳香浴、クラフトのレシピが180も載っています。
何種類も精油は持っているけどブレンドは苦手という方や
精油はアロマポットでしか使ってない・・・という方におすすめです。

かなり色々な精油名使い方のレシピなので、
私もまだ、半分も試していないです。。。
でも、たまにパラパラめくってみると、
「おおっ。これ試したい♪」というのが
見つかるので、楽しくて、時々手に取ってます。

この本、フルカラーでイラストや写真は多いですが、
イメージ映像的なものが多くて、
精油の原料のハーブの写真などは少ないんです。
ちょ〜っと残念。
見ていておしゃれな感じでなので、
眺めている分には楽しいです。

前半に、精油の使用方法についてや、
芳香浴やアロマバス、マッサージの方法が載っています。

その後、「12ヶ月のアロマテラピー」として、
各月にお薦めの精油の解説があり、
ローションやクリームなどの基本的なクラフトの作り方、
レシピが12種類載っています。
レシピはスキンケアからハウスキーピングまで広く載っています。

精油を上手に使いこなして、
生活に取り入れていけるレシピが多いです。
学校では習ったことのない活用法もあったりして、
なかなか良かったです。

仕事で精油を使うと、なんとな〜く、
生活で精油をあまり使わなくなる感じがあるのですが、
この本を読むと精油を使いたくなるから不思議。




ブログランキング登録中です!
クリックして、応援よろしくお願いします!
* 01:18 * comments(1) * - *
珍しい精油が欲しい時に
エッセンシャルオイル106種類と
ベースオイル25種類の解説が載っています。
「ハーブの基礎」とありますが、
ドライハーブや生ハーブなどに関する記載は全くないんです(〃_ 〃)ゞ

アロマテラピー図鑑?オイルとハーブの基本がすべてわかる
アロマテラピー図鑑?オイルとハーブの基本がすべてわかる
主婦の友社, 佐々木 薫


ブレンドレシピやアロマの基礎については、簡単に書かれています。

エッセンシャルオイルは、1種類に1ページ、
フルカラーのイラスト付きで、
解説はなかなか詳しいかな。

原料になる植物のイラスト、
エッセンシャルオイルの色の写真,
学名、科名、産地、抽出法、香の特長や由来、
作用や主な成分、などが書かれています。

「相性のよい精油」も書かれているのが、
ブレンドが苦手な初心者の方に嬉しいですね。

106種類の中にはかなり珍しいものも含まれていて、
新たな発見も多かったです♪
珍しい精油大好きなので、この本を見ると、
ついつい欲しい精油が増えちゃいます。。

精油の成分の構成割合についての記載や
学名での索引などがあると、
もっと便利かなとも思いましたが、
まぁ、「基礎」なので、仕方ないかなぁ。

ベースオイルについては、エッセンシャルオイルに比べると、
ちょっと簡単な内容になっていて残念。

できれば、成分や性質、品質保持期間などが
書かれていたらもっとよかったのになぁ〜。

ちなみに、ベースオイルとして、
シアバター・カカオバター・みつろう、など載っています。

オイル・・・??
とも思いましたが、キャリアとして紹介されたのでしょうね。


お値段の割にかなり充実した内容です。
ちょっと珍しい精油も載っているので、
精油事典として、けっこう、便利に使えています。



ブログランキング登録中です!
クリックして、応援よろしくお願いします!
* 10:18 * comments(0) * - *
初めて買ったアロマの本
アロマテラピーのための84の精油
アロマテラピーのための84の精油

なんと、12年以上前の本です。
平成4年12月に第一版が出版されています。

12年前は、まだまだ、アロマセラピーブームの前でしたし、
アロマセラピーはほとんど知られていませんでした。

今は、フルカラーで、分かりやすいアロマの本が、
毎月のように出版され、お手ごろ価格で手に入りますが、
ハッキリ言って、12年前、アロマセラピーの本は専門書でした。

そんな中、初心者でも比較的わかりやすく、
使いやすかったのがこの本です。
初めて買うアロマの本にしては、
大学生だった私には、かなり値段が張りましたが、
他に選択肢はほとんど無く、勇気を出して、
奮発したのを覚えています。

84種類の精油について、
学名・科名・抽出部位などはもちろん、
支配星??も載っています。
「支配星・・・木星」とか書いてあるのですが、
いまだに私は役に立てることができません・・・( ̄〜 ̄;)ウーン

まぁ、支配星については置いておいて・・・。

この本のお薦めの点は、
各精油の「歴史と神話」について書かれていることです。
名前の由来や、その植物(精油)にまつわる伝説など、
読んでいてなかなか楽しめます。

また、白黒で写真もないため、
「植物としての特徴」が文章で書かれているのも面白いです。
目で確認することができないため、
植物の形状や色を、文章だけで、説明するのは
筆者もとても苦労されたと思います。
苦労が感じられる文章もちらほら・・・。

お値段がかなり張りますので、
購入をお勧めするのは、はばかられますが、
図書館にも良くありますので、
ぜひ、一度手にとって読んでみてください。
筆者の苦労が忍ばれます。




ブログランキング登録中です!
クリックして、応援よろしくお願いします!
* 23:26 * comments(0) * - *
アロマテラピーのベースオイル
アロマテラピーのベースオイル?あなたを磨き輝かす30種類
アロマテラピーのベースオイル?あなたを磨き輝かす30種類
ルート・フォン・ブラウンシュヴァイク, 手塚 千史

実は、この本。
30種類といっても、「○○と似ている」
の一言しかコメントのないものも。。。

その上、一部カラー写真があるのに、
オイルのカラー写真はないので、
色は言葉でしめされているだけ。。。

ちょっと残念なところの多い本ではあります。

しかし、それでもこの本がお勧めなのは!

ヒッポファエオイル、ブラッククミンオイルなど
ちょっと珍しいオイルについても
詳しく説明しているんです。

トリートメントに使用する為だけの解説でなく、
食用の利用についてもコメントがあり、
食事療法によるダイエットやデトックスについても
詳しく提案されています。
これは、解毒・デトックスが流行の今に、
なかなかお勧めの内容です。

また、体や皮膚のトラブル別(症状別)の
精油とキャリアオイルのレシピも載っています。
キャリアもブレンドして使用するレシピです。

アロマセラピーを学んでいると、
精油の症例別使用法はたくさん覚えますが、
キャリア(植物油)については勉強する機会が
少ないなぁ〜と感じています。
この本はキャリアのブレンドを学ぶためにはお勧めです。



ブログランキング登録中です!
クリックして、応援よろしくお願いします!
* 13:32 * comments(0) * - *
アロマ組み合わせ手帖
アロマ組み合わせ手帖?少ない数のオイルをアレコレ組み合わせて体と心の不調を癒す
アロマ組み合わせ手帖?少ない数のオイルをアレコレ組み合わせて体と心の不調を癒す
吉川 千明, アロマショップエルボリストリ


「アロマを始めたいけど、どの精油から買ったらいいのかしら?」

とか。

「今持っている精油以外に何の精油を買ったらいいかしら〜?」

とか。

「アロマの本を買ったけど、持ってない精油のレシピばかり。
かといって、そんなに沢山の精油は買えないし。使えない。」


という疑問・不満をアロマを始めたばかりの方から
聞くことがとっても多いです。

この本はそんな疑問を解決する本です!!

この本では、初めに「スターターキット」として
10本の精油を紹介しています。
10本とも価格がリーズナブルで、使い安いものばかり。

そして、「次に揃えるなら」とプラス8本。
また、更にそろえるなら、と32本のの精油が解説してあります。
なので、全部揃えると50本分の精油の解説付です。

初めての方には10本でも、揃えきらないと思いますが、
10本のうち、香りや作用が気に入った2本ぐらいから
集め始めても良いのではと思いました。


結構沢山のレシピも載っているのですが、
基本的には「スターターキット」の10本の精油だけでも
ブレンドできるようにレシピが作ってあります。

レシピは目的別になっています。
いろいろなレシピが載っていますので、
バームやマッサージオイル、ローション、パック、などなど
色々な精油の活用法が学べるような内容です。




ブログランキング登録中です!
クリックして、応援よろしくお願いします!
* 18:18 * comments(0) * - *
| 1/1PAGES |